10≪ 2017/11/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖北、尾上の風景

近江八幡での撮影のあと、湖北に向かいました。
次の目的は水に浮かぶ蓮などの枯れ草で、造形的な写真を撮ることでした。
それと、尾上の夕陽。
でも、私は造形的な写真は苦手。みんなが必死で撮影しているのを横目に鳥などを写してました。
私の望遠は200ミリ。このレンズでは鳥の撮影にはしんどいですね。

2010.3.27尾上2

みんな、こんな枯れ草の中に造形的なものを見つけて作品を作ってるんですよ!
2010.3.27尾上4


尾上の写真です。

2010.3.27尾上5

2010.3.27尾上6

少しアップで
2010.3.27尾上7

2010.3.27尾上9

さすがに湖北は寒かったです。真冬の格好をしていけばよかったと少し後悔。

ここは夕陽100選に選ばれている場所で、カメラマンのメッカなんですが、昨日は私達以外に撮影している人はみかけませんでした。
それに、夕陽が赤くならなかった。残念・・・・・
スポンサーサイト

コメント

尾上は夕日百選なんですか。
湖北はいい所がありますよね。
ここは温泉もあったですよね。
一度泊まって夕日を眺めてみたいものです。
包近の桃の花も、もうすぐ満開です。
満開の木もありましたが、一面ピンクはあと少しです。
3日前後かも知れません(笑)。

親父さんへ

尾上の夕陽は美しいですよ~
温泉旅館もありました。
きっと温泉からの夕陽は絶品でしょうね。
包近の桃畑、時間があれば週末に行ってみますね。

コレは撮影会の作品?
犬神家に出てくる湖?に見えるのは私だけ?

多分私だけだね(汗)

まだまだ雪の毎日だよ~
もう4月まで後2日なのに・・・・・さぶいよぉ

ちゃこ

これは作品ではない!ただ写しただけ。記録写真。
私はどーも夕陽とか大きな風景の撮影は苦手やわ。
>犬神家の湖
そういえば、そう見えるかも(笑)

造形的

な写真って、おもしろいですねー

湖北って、どのあたりでしょうか
わたしはいつも湖西線に乗っていました、
あのあたりもとってもきれいで
老後はここへ住もうね、などと姉とよく話したものです

撮影会だったんですか。
良かったですね。
ここは、尾上というんですか。
廃船や浮島?などがあって、素敵な場所ですね。
一度行ってみたいです。

湖北へ冬鳥の撮影に行きたい行きたい、と念じつつ未だ果たせておりません。
やはり風情のある良いところですね~。今年か来年には・・・^^

造形写真、アーティスティックで見ていて楽しいですよね。
作品用に撮影されたものも、作品展後アップのご予定はおありですか?
見てみたいです

そらさん
造形的な写真ははまると楽しいですね。
でも、私は苦手(>_<)
湖北はびわ湖の先端あたりかな?今は長浜市と合併して長浜市湖北町というみたいです。

ずぼら太郎さん
尾上はいい所ですよ。夕陽が有名でカメラマンのメッカです。竹生島も見えて鳥もいるし被写体には飽きないと思います。少々遠いのが難点ですね。

小町さん
湖北の撮影会があったら都合がつく限り参加しようと思ってます。
自分ではなかなか行けませんから。
造形写真は楽しいですが、私が写すと作品的ではないんですよ。やっぱり苦手。

近江八幡、いいですね。
以前、緑豊かな6月に行きました。
彦根と近江八幡を廻ったのですが、個人的には近江八幡の方が好きですね~。
町並みが落ち着きます。

琵琶湖は去年、蓮がゆっさゆっさの時にも見に行きましたが
藤の季節に行った時、湖上に乱立する枯れた茎がビジュアル的に面白かったのを思い出しました。
素敵な作品ができそうですね。
こちらでも拝見出来ますか? (^^)

cattailさん
近江八幡は私も好きです。何度か行ってますが楽しいです。
八幡堀あたりだけでなく、ヴォーリースの建物ウォッチングもしたいですね。
作品はできたかどうか?
フィルムの写真なんで、スキャン上手くできたらいいのですが。
Secret

プロフィール

椿ひめ 

Author:椿ひめ 
お出かけが好き。
花が好き、写真も好き。
そして美味しいものも大好きです。
好きなものを書いていきたいなぁ~

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しました。

人気ブログランキングへ    
私の写真いろいろ♪
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。