09≪ 2017/10/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和路花めぐり  ~海龍王寺の雪柳~

秋篠寺の次は白い可憐な花の咲く海龍王寺(かいりゅうおうじ)に向かいました。
0329kairyuuouji-1.jpg


飛鳥時代に毘沙門天を本尊として建てられた寺院を、天平3年(731)に光明皇后により海龍王寺としてあらためて創建されました。嵐の中唐より無事に帰国を果たした玄昉が初代住持となったことから遣唐使の航海安全祈願を営むと同時に平城京内道場の役割を果たすことにもなり、玄昉が唐より持ち帰った経典の書写(写経)も盛んに行われました。
このことから海龍王寺は旅行・留学安全祈願・写経発祥のお寺として知られています。

海龍王寺のこの季節の境内は雪柳が咲き乱れます。
私が行った日はちょうど見ごろだったようですね(^^)
0329kairyuuouji-2.jpg

0329kairyuuouji-3.jpg

0329kairyuuouji-4.jpg

0329kairyuuouji-5.jpg

0329kairyuuouji-6.jpg

1本だけあった枝垂れ桜はまだ咲きかけ
0329kairyuuouji-7.jpg

この日はちょうどご本尊の十一面観音菩薩立像の春の公開中でした。
p1_p01[1]
(HPより拝借)
とても美しいお顔の観音様でした(^^)

こちらには国宝の五重小塔もあります
p3_p01[1]
(HPより拝借)
通常、寺院には高さが数十メートルの大きな五重塔があるのが一般的ですが、海龍王寺は飛鳥時代から建っていた寺院をもとに創建されたので、限られた敷地の中に大寺院の伽藍の形式を持ち込まなければならないという困難な状況にありました。この事情の中で「東西両塔」を備えた伽藍の形式を持ち込むべく五重小塔を造立し、東金堂(明治初年に喪失)と西金堂の両金堂の中にそれぞれ納めたのではないかと考えられています。 (HPより)


もう一度、山門をパチリ
0329kairyuuouji-8.jpg


雪柳のこの季節はこの十一面観音菩薩立像を拝顔できるのでいいですよ(^^)


ランキングに参加しました

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
よろしくお願いします



スポンサーサイト

テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

コメント

白くなりそう!

うわ~! 何だか身体が白くなりそうです~!
雪柳も、こうして写真に撮ると綺麗なものです。
おまけに数本なら他でも見かけますが、これだけ沢山は観たことがありません。  

No title

こんばんは

ここのお寺は風情があっていいですね。
雪柳、丁度見頃でよかったですね。
十一面観音菩薩立像も素晴らしいです。
大好きな仏像の一つです。

No title

訪問されるお寺に
奈良をよく知ることがわかります。

奈良は東大寺や
興福寺だけじゃないですよね(^^)

応援ぽち

Re: 白くなりそう!

サヌ・ヒロさん
たくさんの雪柳でしょう!
これだけあると圧巻ですよ
雪柳だけでなく、ここの十一面観音菩薩像も素敵なんです

Re: No title

kazuさん
海龍王寺はひっそりとしてて好きなんですよ
前に来たときは雪柳は少し遅かったので
今回はいいタイミングでした(^^)
こちらの十一面観音菩薩像は本当に素敵ですね

Re: No title

よっちんさん
そう、奈良は東大寺や興福寺だけではないですよね
ひっそりとした素敵なお寺はたくさんあります。
海龍王寺も好きなんですよ

Secret

プロフィール

椿ひめ 

Author:椿ひめ 
お出かけが好き。
花が好き、写真も好き。
そして美味しいものも大好きです。
好きなものを書いていきたいなぁ~

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しました。

人気ブログランキングへ    
私の写真いろいろ♪
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。