07≪ 2017/08/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「花の生涯」ゆかりのお寺  金福寺

詩仙堂の次に訪ねたのは金福寺(こんぷくじ)です。
1123konpukuji-1.jpg


金福寺は、臨済宗南禅寺派のお寺です。
隠れた紅葉の名所と言われていたそうですが、最近は訪ねる人も増えました。
1123konpukuji-2.jpg

1123konpukuji-3.jpg

1123konpukuji-4.jpg

金福寺は詩仙堂の少し南にあります。そして、このお寺には与謝蕪村の墓所があり、松尾芭蕉が滞在したとされ、芭蕉を敬慕する与謝蕪村とその一門によって再興された芭蕉庵があります。
1123konpukuji-5.jpg

1123konpukuji-6.jpg

1123konpukuji-9.jpg

1123konpukuji-8.jpg


芭蕉庵から眺めた京都市内
1123konpukuji-7.jpg

芭蕉庵の横には早咲きの西王母という椿が咲いていました。
1123konpukuji-10.jpg

1123konpukuji-11.jpg

金福寺は舟橋聖一著の『花の生涯』のヒロインである村山たか女ゆかりの寺として知られています。
村山たか女は1809年、現在の滋賀県多賀町の多賀大社にあった寺坊尊勝院の娘として生まれ、生後すぐに寺侍の村山氏に預けられ、18歳の時に当時の藩主である井伊直亮の侍女となりました。
20歳の時に京都に上って、祇園で芸妓となり、その際男子をもうけますが、私生児であった為に自らが引き取り、生まれ故郷の彦根に戻ります。その際彦根城下で蟄居生活を過ごしていた井伊直弼と出会って情交を結び、またその数年後に直弼を通じて出会った長野主膳とも深い関係になったとされています。やがて直弼が大老となり、江戸に移った後二人は別れたとされていますが、安政の大獄の際には京都にいる倒幕派の情報を江戸に送るスパイとなり大獄に大きく加担しました。
村山たか女は日本の政権に属した女性工作員としては、史上初めて名をとどめる存在だそうです。

1860年の桜田門外の変で直弼が暗殺された後、1862年に尊王攘夷派の武士に捕らえられ三条河原に3日3晩晒されましたが、女性ということで殺害を免れました。しかし、息子の多田帯刀は母親のかわりに斬殺され、首を晒されました。
その後、金福寺で出家し妙寿尼と名乗り、1876年に亡くなりました。

村山たか女って、殆ど知らなかったのですが以前にこのお寺を訪ねたときに彼女の遺品などを拝見し少しだけ調べてみたことがありました。
今、こう書き並べてみても壮絶な人生だったのですね。
わが子に先立たれ、当時の藩士らの策略や自己防衛のために翻弄され続けた彼女の人生は、自ら命を絶ってしまいたくなるほど辛かったでしょう。
そんなたか女はこの金福寺で穏やかに終焉を迎えたと私は信じたい・・・・・


【金福寺】
 京都府京都市左京区一乗寺才形町20
 叡山電鉄「一乗寺駅」下車


スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメント

No title

ここ、いいお寺ですよねえ。
名だたるお寺がある京都ですから
イマイチ知名度が低いですが
私もブログで紹介しましたよ(^^)

Re: No title

よっちんさん
私はここのお寺は2度目なんです。
本当にいいお寺だと思います。
詩仙堂の喧騒が嘘のよう(^^)
でも、ここも人が増えました


Secret

プロフィール

椿ひめ 

Author:椿ひめ 
お出かけが好き。
花が好き、写真も好き。
そして美味しいものも大好きです。
好きなものを書いていきたいなぁ~

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しました。

人気ブログランキングへ    
私の写真いろいろ♪
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。