05≪ 2017/06/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回 東日本大震災復興チャリティコンサート2013

httpwww.eonet.ne.jp~imura
このチラシのという文字は、ひらがなで「ふっこうのちから」と書いてあります

今日は大阪福島のシンフォニーホールであった東日本大震災復興チャリティコンサート2013を合唱仲間と一緒に聴きに行ってきました。
RIMG3078.jpg

このコンサートは音楽を通して復興の支援を!そんな想いを共有する仲間が集って開催されたコンサートで今年で3回目になります。
第1回目は震災後1か月半で開催され、約430万円の義援金が集まったそうです。
参加者は復興支援オーケストラ(関西圏のフリーランスプロ奏者及びアマチュアオーケストラ)約300人、復興支援合唱団(関西在住のソリストを中心とした有志の歌手)約100人で構成されています。
彼らは5千円の参加料と10枚の義援金チケットをもってもっての参加だったそうです。
指揮は牧村邦彦先生、井村誠貴先生、高谷光信先生
高谷先生は一昨年の12月に東京混声合唱団との演奏会の時に指揮をしていただいた先生です。

演奏内容は
第一部「亡くなられた方への鎮魂歌」
・アヴェ・ヴェルム・コルプス
・亡き女王のためのパヴァーヌ
・交響曲「フィンランディア」
・カンタータ「土の歌」全曲
  Ⅰ農夫と土
  Ⅱ祖国の土
  Ⅲ死の灰
  Ⅳもぐらもち
  Ⅴ天地の怒り
  Ⅵ地上の祈り
  Ⅶ大地讃頌
ラストの大地讃頌は合唱でもよく歌われる曲で私も大好きな曲なんですが、組曲の全部を聴いたのは初めてで、感動しました。

第二部「被災された方々への応援歌」
・行進曲「威風堂々」第一番
・組曲「展覧会の絵」~キエフの大門
・「ふるさとの四季」より
・大序曲「1812年」
最初の「威風堂々」はオーケストラではよく聴きますが、合唱とのコラボは初めて。迫力満点でよかった~
「ふるさとの四季」は皆がよく知っている唱歌から。

どの曲も指揮者の先生をはじめ、オーケストラや合唱の参加者の方々の復興への思い感じさせる迫力満点のコンサートでした。
ラストに「見上げてごらん夜の星を」の演奏で終わりました。

ロビーでは指揮者の3先生が募金箱を持って立っておられ、私たちも高谷先生の募金箱に気持ちだけ募金して先生に握手していただきました。

このコンサートはまず5年計画しておられるそうで、その後は被災地の状況を踏まえてまた新たに5年と歩んでいくそうです。
来年も同じ日に同じ場所でこのコンサートはあるそうで、来年も是非、聴きにきたいと思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

まだまだ復興までの道のりは長いです。
みんなで何かできることを見つけて
細く長く続けていくことが大切ですね。

にもかかわらず
首相が外国に原発の技術を売りに行くって
どうなのかなぁ。

Re: No title

よっちんさん
そう、復興はまだまだ・・・・・
今回のコンサートは
音楽家は音楽で支援するしかないとの思いで
このコンサートを開催したそうです。
私も些細ながら応援しようと思ってます。

Secret

プロフィール

椿ひめ 

Author:椿ひめ 
お出かけが好き。
花が好き、写真も好き。
そして美味しいものも大好きです。
好きなものを書いていきたいなぁ~

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しました。

人気ブログランキングへ    
私の写真いろいろ♪
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。