07≪ 2017/08/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チンチン電車に乗って  浜寺の複合再生ショップへ

チン電の大和川駅を出発して次に向かったのは船尾
DSC_0734_convert_20130207001226.jpg

ここにあるお屋敷の複合再生ショップに行ってみたかったのです。


駅に着くまでの間、向かい側からの電車や運転手さんの様子をパチリ
DSC_0712_convert_20130207000640.jpg

車窓から。宿院あたりですね。このあたりは何度か訪ねてるので今回はスルーしました。
DSC_0707_convert_20130207000530.jpg


船尾の駅から歩いて5分弱のところに、その御屋敷再生複合ショップはありました。
DSC_0730_convert_20130207001017.jpg

遊の建物は、大正時代に、大阪四ツ橋の材木問屋の人が海水浴客の接待などのための別荘として建てられたものだそうです。その後、所有者が変わり、改装などを経たのですが、近年、住み手がなくなっていましたが、2005年7月1日町並みの保存と地域の活性化の願いを込め、複合商業施設「遊」として生まれ変わりました。

遊にはこれだけのお店があります。
DSC_0728_convert_20130207001055.jpg

ちょうどお昼時だったので私はこの中のらるごというカフェで昼食をとりました。
ここは日替わりでオーナーがかわるお店なんですよ。
私はこの日のメニューから石焼ビビンバをいただきました。
RIMG3186_convert_20130207002848.jpg

食事が終わって、少し建物を散策
DSC_0718_convert_20130207000805.jpg

DSC_0723_convert_20130207000845.jpg

DSC_0725_convert_20130207000936.jpg


お腹も満足した私は駅に戻り、終点の浜寺に向かいました。
DSC_0742_convert_20130207001314.jpg
スポンサーサイト

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

コメント

ここは私も
何度か行きました。
浜寺が
一大観光地だったことを
感じさせる建物ですね。

こちらのお店

社長さまもよくご利用されておられるようでございますよ。
少々裏手になりますゆえ、隠れ家的ご存在でございますね。

お写真には写ってございませんが、チンデン通りの古本専門店も、社長さまの行きつけでございますよ。

堺は、社長さまの青春を燃やされたところだそうでございます。

Re: タイトルなし

よっちんさん
さすが、よっちんさん!
よく御存じですね。
昔、浜寺は海水浴場で別荘地だったんですよね
その面影がある建物ですね

Re: こちらのお店

わにまろさん
ご無沙汰してます。
社長さまは色んなところに行っておられるのですね
ここは確かに隠れ家的なところです。
チン電沿いの古本専門店は知らないなぁ
今度探してみます(^^)

Secret

プロフィール

椿ひめ 

Author:椿ひめ 
お出かけが好き。
花が好き、写真も好き。
そして美味しいものも大好きです。
好きなものを書いていきたいなぁ~

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しました。

人気ブログランキングへ    
私の写真いろいろ♪
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。