06≪ 2017/07/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厄除けのお寺  水間観音

先日の3連休は最初の土曜日が先日のブログにアップしたように写真仲間との新年会。真ん中が休日出勤、最後の日も合唱団の新年会で終わってしまいました。

今日は3連休の時の休日出勤の振替でお休み♪それで、母を連れて貝塚の滝の湯温泉に行って来ました。
RIMG0579_convert_20110110205152[1]

で、その前に近くの水間寺へお参り
DSC_0589_convert_20130116233112.jpg
本堂と三重の塔



水間寺は天台宗のお寺で天平年間(729年-749年)に聖武天皇の勅願により行基が開創したものといわれています。
江戸時代には岸和田藩主の手厚い保護で栄えたお寺で、1925年に参拝客を運ぶために「水間鉄道」が開通しました。

水間鉄道の水間観音駅
201004042241404e3[1]
この「水間観音駅」は、近畿の駅百選の第一回認定駅だそうです。


水間寺は厄除け観音として知られています。節分までの週末は厄除けの御祈祷の人で賑わいます。
私も厄年の時、厄払いにこのお寺にお参りにきました。
そして作家の今東光さんが昭和36年から約4年間、ご住職をつとめられていたこともあります。

DSC_0574_convert_20130116233215.jpg


本堂
DSC_0546_convert_20130116232636.jpg

DSC_0561_convert_20130116232935.jpg

三重の塔
DSC_0572_convert_20130116233322.jpg
現存する三重の塔では大阪府で唯一のものだそうです。

三重の塔には十二支の彫り物がありました。
私の干支の丑を見つけました(^^)
DSC_0568_convert_20130116233408.jpg

鐘楼
DSC_0554_convert_20130116232750.jpg

DSC_0555_convert_20130116232827.jpg

このほかにもお夏清十郎を祀る愛染堂やお夏・清十郎のお墓、薬師堂などもありますが、今回は母も一緒だったのでスルーしました。

お寺は2つの川が合流した間にあります。これが水間という名前の起源かとも言われています。
DSC_0581_convert_20130116233500.jpg
4月はこの川にかかる桜が綺麗なんですよ。

また、桜の季節にお参りに来ようっと!



【水間寺】
 大阪府貝塚市水間638
 南海本線「貝塚駅」下車 水間鉄道に乗換えて終点の「水間観音駅」下車 徒歩10分

【滝の湯】
 大阪府貝塚市木積3488番地
 TEL:072-421-3666
 南海本線「貝塚駅」下車 水間鉄道に乗換えて終点の「水間観音駅」から水鉄バスで「松葉温泉」下車
 阪和自動車道「貝塚IC」から約5分

スポンサーサイト

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

コメント

No title

水間駅は素敵な駅ですよねぇ。
しかしながら
水間鉄道は
いつ廃線になっても
おかしくない状況です。

地方の中小私鉄は
生き残るのが難しい時代ですね。

Re: No title

よっちんさん
そうですね、水間駅はステキな駅だと思います。
水間鉄道は他の電鉄会社のお古の電車を使ったりして
確かに経営難なんでしょう。
最近、就任した女性社長は
どうにかして存続させようと
いろんなイベントなどをしてるそうですよ


Secret

プロフィール

椿ひめ 

Author:椿ひめ 
お出かけが好き。
花が好き、写真も好き。
そして美味しいものも大好きです。
好きなものを書いていきたいなぁ~

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しました。

人気ブログランキングへ    
私の写真いろいろ♪
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。