10≪ 2017/11/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太閤さんも愛したお酒  -天野酒造-

河内長野市に天野酒という地酒があります。
DSC_0118_convert_20120630235504.jpg

天野酒造(西條合資会社)は江戸時代中期の1718年に創業した10代続く造り酒屋です。
天野山金剛寺で造られた僧坊酒、「天野酒(あまのざけ)」は美酒として知られ、豊臣秀夫吉が醍醐の花見の時に持ち込んだ酒と言われおり、金剛寺宝物館には豊臣秀吉から贈られた朱印状が展示保存されています。
僧坊酒はお寺で作られたお酒のことを言うそうです。



この天野酒の蔵元のあるあたりを高野街道酒蔵エリアといわれています。
今日、所用で河内長野に行ったので、このあたりを少しだけ歩いてみました。
DSC_0104_convert_20120630235328.jpg

古い土壁も残ってます。
DSC_0105_convert_20120630235213.jpg

お家の軒先には杉玉が
DSC_0110_convert_20120630235409.jpg

七夕飾りもありました

DSC_0121_convert_20120630235539.jpg

DSC_0125_convert_20120630235648.jpg
この建物は国の有形文化財に登録されています。

白壁が美しいです
DSC_0129_convert_20120630235733.jpg

DSC_0123_convert_20120630235607.jpg

このあたりは河内長野の駅から徒歩3分くらいのところなんです。
駅前の喧騒とは打って変わって静かなところです。
この天野酒造の裏には川が流れており、ここでは毎年6月初旬にホタルが乱舞します。
地区をあげてホタルを保護されています。
天野酒造でもこの時期に駐車場を解放して蛍の宴を開催されているんですよ。

お土産を買いに販売所を尋ねました。
格子窓にさりげなくお花が生けてありました。
DSC_0136_convert_20120630235819.jpg

上向いたら杉玉がたくさん
DSC_0143_convert_20120630235903.jpg

お土産に3年物の天野酒の梅酒(限定25本)と酒粕で作った葱味噌を買いました。
DSC_0177_convert_20120701000455.jpg
私、限定という言葉に弱いんです(笑)
ここの酒粕が美味しいんですよ。10日戎が終わったあたりから出るのですが、予約しないと買えないくらい人気なんです。

本当は蔵元限定の生酒も買いたかったけど、グッと我慢しました(笑)


【天野酒造(西條合資会社)】
 河内長野市長野町十二番十八号
 TEL:0721-55-1101
 南海高野線、近鉄長野線「河内長野駅」より徒歩3分




スポンサーサイト

テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

コメント

No title

去年、天野酒の社長さんと話をする機会がありました。
実にバイタリティにあふれた
魅力ある方でした。

河内長野の駅前に
「なまくら」というお店がありますが
ここは天野酒造さんの直営店ですので
美味しいお酒が飲めますよ(^^)

Re: No title

よっちんさん
私も3年ほど前に蛍の宴に行ったときに社長さんとお話ししたことがあります。
若いの頑張っておられるなと感じました。
なまくら、知ってますよ。
ただ河内長野は車で行くことが多いのでなかなか行く機会がないんです

Secret

プロフィール

椿ひめ 

Author:椿ひめ 
お出かけが好き。
花が好き、写真も好き。
そして美味しいものも大好きです。
好きなものを書いていきたいなぁ~

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しました。

人気ブログランキングへ    
私の写真いろいろ♪
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。