05≪ 2017/06/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田尻歴史館

土曜日のお出かけの続きです。
ガーデニングショップで買い物をし、通りすがりのバラを楽しんだあと、最終目的地の田尻歴史館に向かいました。
RIMG1550_convert_20110515222738.jpg

田尻歴史館は、明治から大正にかけて、関西繊維業界の中枢を担った谷口房蔵(たにぐちふさぞう)氏の別邸で、大阪府の指定有形文化財にも指定されています。
窓などにもステンドグラスを贅沢に組み込まれた素敵な建物です。
RIMG1557_convert_20110515223027.jpg

RIMG1563_convert_20110515223159.jpg
ここで、14日の土曜日までステンドグラス作家の中野一夫さんの作品展がありました。どれもこれも素敵な作品ばかり。
写真撮影はお断りというところが多い中、中野先生の作品は撮影OKと張り出されており、私も写真を撮らせていただきました。

RIMG1559_convert_20110515223116.jpg

RIMG1558_convert_20110515223054.jpg

RIMG1552_convert_20110515222800.jpg

RIMG1553_convert_20110515222825.jpg

RIMG1555_convert_20110515222849.jpg

RIMG1556_convert_20110515222917.jpg

最初、ここのカフェで食事してステンドグラスを見ようと話をしてたのですが、あいにく当日はウエディングで貸切。友人が「カフェに素敵なステンドグラスがある。」と言ってたので、カフェに行ったら二次会の準備中だったので、少し中にいれてもらってステンドグラスを見せていただきました。
それはマーガレット模様のステンドグラスで、」これも中野先生の作品。先生とお話させていただくことができたのですが、このマーがレットは先生渾身の作品だそうです。もう、あれだけの作品はできないとおっしゃっていました。繊細な素敵な作品でした。
RIMG1562_convert_20110515223139.jpg

こちらのカフェ、お料理も美味しいし、従業員の接客もいいそうです。
いろんな展覧会もされてるようなので、次はカフェで食事してゆっくりこの建物を堪能したいです。


【田尻歴史館】
 〒598-0092
 大阪府泉南郡田尻町大字吉見1101-1
 TEL:072-465-0045
 南海本線「吉見ノ里」駅下車、徒歩10分
 車の場合、阪神高速湾岸線「泉佐野南I.C」から5分
 駐車場は向かいの公民館駐車場を利用

スポンサーサイト

コメント

おはようございます♪

わ~~素敵ですね~~♪

椿姫さんのお写真のステンドグラス
何度も何度も見せて頂きました。

すごいですね~~~ぇぇ...感嘆のため息ばかりです。

熊取や田尻町の事は何にも知りません (*_*)

田尻漁港あたりの吊り場へ、
子供の小学校ぐらいの時、よく行きました(^∇^*)*^∇^) あはっ♪

一般のお宅のバラ園も、素晴らしいですね♪

ゆこさん
この田尻歴史館はいいですよぉ~
私が行った日はウエディングで残念ながらカフェやお庭をみることができなかったんです。
ステンドグラスの展覧会は終わりましたが、この作家の方の作品は建物の中にあるそうなので、是非行ってみてください。

一番最初のグリーンのランプ?
めっちゃすき!!!

ちゃこ
グリーン好きのちゃこなら真っ先に目を引く作品やね。
これは比較的小さかったけど、素敵やったわ。
どの作品もよかったよ
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

田尻歴史館

「「田尻歴史館」は、明治から大正にかけて「綿の王」と呼ばれ、関西繊維業界の中枢を担った谷口房蔵(たにぐちふさぞう)大阪合同紡績(株)元社長の別邸として、氏の郷土である大阪府泉南郡の田尻町に建てられ...
プロフィール

椿ひめ 

Author:椿ひめ 
お出かけが好き。
花が好き、写真も好き。
そして美味しいものも大好きです。
好きなものを書いていきたいなぁ~

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しました。

人気ブログランキングへ    
私の写真いろいろ♪
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。