06≪ 2017/07/ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花鳥画  ~雪舟、宗達、若冲が観た大陸文化~ 

この日は、奈良県立美術館で開催中の花鳥画も見てきました。
2010花鳥画展
この展覧会は国宝・重要文化財を含む約120件の作品で構成されていて私達が行ったのは後期展。すが絹や紙に描く花鳥画だけでなく、銀製の杯や皿、青銅の鏡、焼物に描かれている(彫る)花鳥画もありました。
サブタイトルにある雪舟、宗達、若冲は後期展でした。
細見美術館蔵の伊藤若冲の「糸瓜群虫図」はミュージアムグッズにもなってて、よく知られてる作品ですが、私は初めて拝見しました。
長谷川等伯の六曲一双の「花鳥画図屏風」も初めて!と思ってたら、これは個人蔵なんですって。
観たことがないはずやわ!

正倉院展の人の多さとは違って、ゆっくり見ることができました。

でも、目玉になる作品がなかったような・・・・・

【平城遷都1300年祭特別展 花鳥画】
 11月14日まで
 奈良県立美術館
 奈良市登大路町10-6
 近鉄「奈良駅」下車 徒歩5分
スポンサーサイト

コメント

私も、これも見たかったのですが、時間的に無理なのでパスしました。
そうですか、コレ!といった作品がなかったんですね・・・苦笑。
展覧会は、あっちもこっちも色々と見たいのですけど、時間がないとなかなかいけませんよね。
この日も、夕方に仕事がなければもうちょっとゆっくり時間があったのですけど・・・残念。

若冲の「糸瓜群虫図」は、私も結構好きw
虫嫌いですけど、あの絵はおもしろいと思います。
細見の人気投票作品の展覧会では、必ずと言っていいほど出る作品です。
しかし、等伯のは個人蔵なんですか!?
美術展に行くと、よく個人蔵とかかれた作品がありますが、いったいどういう人が持ってはるんでしょうね~!!

よりりんさん
素晴しい作品なんですが、華やかさに欠けてたように思いました。
総少し、日本の作品が多く見たかったですね。
でに若冲の「糸瓜群虫図」はみれて良かったです。
今回、工芸品の中にはMIHOミュージアムからも出展されてましたよ。
Secret

プロフィール

椿ひめ 

Author:椿ひめ 
お出かけが好き。
花が好き、写真も好き。
そして美味しいものも大好きです。
好きなものを書いていきたいなぁ~

最新記事
最新コメント
ブログランキングに参加しました。

人気ブログランキングへ    
私の写真いろいろ♪
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。